【生漢煎 防風通聖散 読み方】体にいいもの探し隊!

お腹の脂肪にサヨナラ!【漢方薬】の防風通聖散『生漢煎』。ダイエットや体にいいって本当かしら? <購入前に必見!>生漢煎 防風通聖散の読み方をはじめ、口コミや最安値情報などをまとめています。

【生漢煎(しょうかんせん)副作用】体に及ぼす危険性とは!?

f:id:tocoferon:20180405090459p:plain

「生漢煎(しょうかんせん)は漢方薬だから副作用は大丈夫でしょ」と思っている方はいませんか?

 

生漢煎(しょうかんせん)は漢方薬なので、飲み続けても比較的、体に優しく安心できます。

 

しかし、漢方薬にも個人の体質によって副作用はあります。

 

体力のない人、胃や腸の弱い人、妊娠している人、授乳している人や高齢者にはあまり向いていません。

 

生漢煎は満量処方で成分量が多く、即効性を実感するためには良いのですが、それだけ副作用の危険性は高くなると言えます。

 

満量処方というのは処方より得られたエキスを全量配合していることを意味しており、満量処方でないものには1/2処方などがあります。

 

また、生漢煎(しょうかんせん)には甘草という生薬が含まれており、飲み続けた場合、体のむくみとして現れる場合とかあります。

 

一般的に防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)によって現れる副作用としては以下のものがあげられます。

 

・発汗
・発疹・かゆみ
・頻脈、動悸
・胃の不快感
・胃のむかつき
・軟便
・尿が出にくくなる
・下痢が続く


飲み続ける場合は、自分の体調の変化に気をかけながら服用していってくださいね。

 

 

まとめ

生漢煎(しょうかんせん)の副作用について、記事にしました。

 

生漢煎(しょうかんせん)を飲んだからやせていくというものではありません。

 

適度な運動をして、バランスの良い食事をしてダイエットの補助として、使用します。

 

それから、いくら漢方薬といっても生漢煎(しょうかんせん)は医薬品のため、一気に飲みすぎたりするのはよくありません。

 

使用上の注意事項をよく守ることが大切で、1日2~3回、食前か食中に飲むことになっています。

 

また、下剤と同時に服用しないように注意してくださいね。

 

体調不良になった場合はすぐに服用をやめて、医師か薬剤師さんに相談してください。

 

それから、実際に生漢煎(しょうかんせん)を試した人はどうだったのか?ということが気になるところですよね。

 

生漢煎を購入された方の口コミ情報をまとめましたので、コチラの記事を参考にしてください。

↓↓↓
>>生漢煎を購入した方の体験レポートはこちら